伊藤潤二 漫画表紙

伊藤潤二 - 漫画家

82

非常に良い

140件のレビュー

タイトル5個の平均

  • 漫画 8タイトル

8タイトル - メタスコア順

伊藤潤二の猫日記 よん&むー

93件の評価 - 探偵

ホラー漫画家・伊藤潤二のお笑い猫マンガ! 笑いと恐怖は紙一重、愛猫のコワかわいさにおののいちゃってください!! 実話エッセイコミックなのにギャグ漫画。こんな強烈な猫マンガ、他じゃ見あたらんよ。伊藤潤二ファン、必読の1冊ですヨ~。

シーモアで立ち読み
うずまき

1998年 - 21件の評価 - 冒険

▼第1話/うずまきマニア:その1▼第2話/うずまきマニア:その2▼第3話/傷跡▼第4話/窯変▼第5話/ねじれた人びと▼第6話/巻髪▼あとがき●登場人物/五島桐絵(黒渦高校の生徒。本作の主人公)、斎藤秀一(桐絵の元同級生。隣町の高校に通っている)●あらすじ/女子高生の五島桐絵は、隣町の高校に通う斎藤秀一を駅に迎えに行く途中、路地に座り込んで壁をじっと見つめている秀一の父親を見つけた。彼は桐絵のあいさつにも気付かない様子で、壁にはりついたカタツムリの殻を見つめ続けていた。駅で秀一を出迎えた桐絵は、彼にさっきの出来事を話すが、秀一はその話題を避けた。公園で秀一は、自分の住む街、黒渦町に嫌悪を抱き始めていることを打ち明ける。帰り道、秀一はつぶやく。「渦…渦だ…うずまきだ…このまちはうずまきに汚染され始めている …」(第1話)。

シーモアで立ち読み
伊藤潤二傑作集 富江

14件の評価 - SF・ファンタジー

伊藤潤二傑作集の第1弾は、仲村みう、荒井萌の主演で来春公開される映画「富江 アンリミテッド」の原作『富江』。デビュー作にして代表作。これを読まずして伊藤潤二を語ることなかれ。

シーモアで立ち読み
伊藤潤二自選傑作集

7件の評価 - 冒険

厳選したお気に入りの読み切り9編を収録した自選傑作集。各作品の創作秘話的な解説と執筆当時のアイデアノートから抜粋したメモやラフも収録。さらに描き下ろしの新作ショートストーリーも収録。伊藤潤二ファン必携の一冊。

シーモアで立ち読み
魔の断片

5件の評価 - SF・ファンタジー

ホラーマンガ界のプリンス、伊藤潤二の8年ぶりのホラー物の新刊コミックス。「Nemuki+」に連載された読み切り7編に加えて、「シンカン」に掲載された読み切り「耳擦りする女」も収録。ファンにとっては絶対に見逃せない1冊。

シーモアで立ち読み
富江(伊藤潤二コレクション 1)

4件の評価 - 冒険

クラスメートの川上富江がバラバラ死体になって発見された。教室で担任の高木が事件の話を説明していると、死んだはずの富江が入ってきた。「と…富江!」動揺を隠せない高木や生徒たち。実は皆が動揺するのは、驚きのある理由が隠されていた……。ホラー漫画界の鬼才・伊藤潤二が誕生した記念すべきデビュー作であり、代表作の第1話!

シーモアで立ち読み
ホラーアンソロジーcomic 死角

4件の評価 - 冒険

伊藤潤二「白雪姫」美しいのは私だけでいい! この世で一番恐ろしいのは女の嫉妬!? 高橋葉介「プロローグで終わる物語」平凡な少年の前に、ある日突然現れた不思議な少女。この展開はまさか!? 犬木加奈子「心霊内科」その病院を訪れる患者たちは、みんなどこか“おかしい”。 雨がっぱ少女群「文学青年」図書館司書の“私”は、ひとりの青年に心奪われ……。 長田ノオト「籠の鳥」夜な夜な拷問虐待を受けるあの娘を助けたい少年の行動が悲劇を招く!?

シーモアで立ち読み
魔の断片 布団

2件の評価 - 冒険

同棲中の彼が、何かに怯えて布団の中に潜り込むようになってしまった―――。虚空を見つめて「魑魅魍魎に脅かされて布団から出られない」と叫ぶ彼の世話をしていたが、心身ともに限界を迎えたある日の晩に、恐怖が襲いかかる……!!注)8ページの短編コミックです。

シーモアで立ち読み